スタッフブログ

水がカラダにもたらす影響

皆さま、こんにちは✨✨

マスク生活で、気づいた時には

水分あんまりとってないかも!!という方

多いのではないでしょうか??( ゚Д゚)

なぜお水を飲まなければいけないのか。

お水を飲むことによって身体にどのように影響するのか。

ご紹介させて頂きます(*^-^*)

【 お水の役割 】

(1)気温が高い時には、体内の水を汗として放出し体の体温を下げる。

体温の調節に重要な役割があります。

(2)目や口、鼻の粘膜などに潤いを与えて、器官の正常な働きを促し、

体を快適に保つ働きがある。

(3)体内に栄養分と酸素を運び、不要成分を排出する手助けをしている。

体温維持や血圧調整を助けるとされる、ミネラルのバランスを保つとも言われている。

(4)薬の飲用時に希釈などを助けて、胃の負担を軽減し、素早く効果的に摂取されるのを助ける。

(5)こまめに飲むことで、喉の渇きを癒し、満腹感を与え、食欲抑制効果がある。

(6)肌に水分を与えてなめらかに保ち、肌にしなやかさとハリを与える。

(7)水は血液やリンパ液の流れをスムーズにして、体内に栄養を運ぶ。

水とお茶であれば、まずは水で水分補給をしっかりとることがオススメです♪

これだけ多くの役割がありますので

水分が不足すると正しく機能しなくなることがあります(>_<)

水は水分として、一番余計な成分が混ざっていない状態です。

その分、体内で分解する手間がかからない為、スムーズに作用します(^^)

反対に、甘いジュースを飲んだら余計に喉が渇くこともありますよね!

これはジュースに含まれる糖分を分解するために水分が使われるからだと

言われています。

食事以外で、11.5リットルを目指して水分摂取しましょう(*^-^*)

「おうちエステ」の関連記事

ご予約はこちらご予約はこちら