お知らせ

目の疲れとは!?

皆さんこんにちは(※^^※)

 

お元気にお過ごしでしょうか?

 

 

本日は目の疲れと眼精疲労の違いをお話いたします。

 

朝起きてから眠るまで活動している眼。

 

近くを見たり遠くをみたり酷使している眼は、

ぼやけたりかすんで見えたりするときありますよね?

そのほかにも眼が重い、眼の充血、眼が乾燥しているなど、

眼のトラブルは多くの方が経験していると思います。

 

「眼が疲れる」「眼が痛い・重い」症状がでたときに休憩や、

眠ったりして症状が治る場合は『疲れ眼』です。

 

しかし休息しても疲れ眼が改善せず、

頭痛・肩こり・吐き気などその症状が続くようですと

『眼精疲労』と区別されます。

 

眼精疲労はなぜ?

 

 

原因としては

1、目の使い過ぎ

2、度の合わないメガネやコンクトレンズを使っている

3、老眼の進行

4、ドライアイなど目の病気

5、ストレス

などがあげられます。

 

眼のまわりには、眼球やまぶたを動かす6本の外眼筋という筋肉があります。

このバランスが崩れると疲れ眼・眼精疲労につながり、

これが原因で首、肩などの筋肉や神経に負担をかけ、肩こりになる場合もあるのです。

 

皆さん目のケアもしていきましょう。

 

ご予約はこちら