お知らせ

体にいい食べ物

皆様こんにちは!

今日は体にいい食べ物のお話です。

 

食品は調理の仕方で栄養素や毒性が変わります。

 

例えば、野菜に熱を加えることでビタミンが減少してしまうことは、

多くの方が知っているはずです。

 

それだけでなく、食品を加熱するとAGE(終末糖化産物)が増え、毒性が高まってしまうのです。

※AGE(終末糖化産物)とは…タンパク質と糖が過熱されてできた物質のことをいい、強い毒性を持ち老化を進める原因物質とされています。

 

魚や野菜など、寄生虫の心配がない食べ物は熱を加えず、できるだけ生で食べましょう。それによって、豊富な栄養素はそのままに摂取でき、かつAGEを低く抑えることができます。

 

加熱するとしても、あまり高温にならない調理法を選んで下さい。

たとえば、揚げるよりは茹でるといった具合です。

 

どんなものでも、生で食べようと思えば、それだけ新鮮なものを選ぶでしょう。

そういう習慣も健康に寄与していきます。

是非、皆さまも気を付けてみて下さい!!

 

 

ご予約はこちら