お知らせ

水の働き方とは

皆さまこんにちは!

 

水を飲んだ方が良いとよく言いますが

なぜ水が大切かご存知でしょうか?

 

周りがいうから飲んでおこうという人もいると思います。

今回は何でそんなに水が良いかをお話したいと思います。

 

 

1、物質の溶解

 

食べ物で得た栄養を細胞が吸収しやすくなるように分解すること。

また、

細胞が栄養素をエネルギーに変換する、

代謝活動を行う際にも水分が必要になります。

 

 

2、物質の運搬

 

水分の一部が血液となって体内をめぐり

栄養や酸素を細胞に運ぶことです。

体内に溜まった老廃物を排出するために

体内の水分と一緒に尿として出す働きもしています!

 

3、体温調節

 

水は温まりにくく冷めにくいという性質により、

温度の変化が少ないため体温を一定に保てます。

暑い日や運動などで汗をかくのは、

熱を放散させて体温の上昇を防ぐ体温を保つ一つです。

 

 

こんな働き者の水なので量が一日多くの水分が必要です!

水を飲まない人は水が足りずに体調を崩してしまうことも・・・

そうなる前にしっかり飲み始めましょう(^^)/