お知らせ

紫外線の種類について・・・

紫外線には「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つございます。

地上に到達するのが「UV-A」「UV-B」で「UV-C」はオゾン層で破壊されてしまうため、地上には到達しません。

 

「UV-A」は真皮まで届いて肌の老化を進めると言われています。急激な炎症を起こすことはありませんが、お肌をうっすらと黒くし、長期的に浴びるとしわやたるみの原因になると言われています。

 

「UV-B」は赤くなってひりひりする炎症を引き起こすもので数日後に黒くなります。日焼け後にメラニンを増加させてシミやそばかすの原因になるだけでなく角層の保湿力を低下させ肌のカサツキやキメの乱れなどの悪影響をもたらします。

 

個人差はありますが、たいてい太陽光にあたって8~24 時間で赤くなる状態がピークになり、2,3日後から黒くなってきます。これらは皮膚の細胞の遺伝子を紫外線から守るための作用なのです。

 

このような影響を与える紫外線からお肌をしっかりと守るために、外出時は日焼け止めをしっかり塗りましょう(*^_^*)綺麗なお肌を作るためには紫外線対策をしっかりして頂くのが一番です。これからの季節どんどん紫外線が強くなってきますので紫外線対策頑張りましょうね(^^)

ご予約はこちら