お知らせ

熱中症を予防と緩和する栄養成分と食べ物☆

暑い日が続くと熱中症が心配ですよね(^^)

毎日の食事から栄養を摂っていきましょう!

 

【カリウム】

汗をかくと塩分(ナトリウム)が排泄されますが、同時にカリウムも排泄されます。

筋肉の働きをよくすることもあり、日常的に取ることで熱中症にかかった時の回復力を高めることが可能です。

 

多く含む食品:小豆、そら豆、いんげん豆、海苔、パセリ、干しヒジキ、ほうれん草、さといも、じゃがいも、落花生、松の実、バナナなど

 

【ビタミンB1】

不足すると疲労物質が溜まり、疲れやすくなります。食欲不振・倦怠感・むくみなどの症状が発症します。

 

多く含む食品: 豚肉(ヒレ肉・モモ肉・肩ロース、ひき肉)、ハム、焼き豚、

ウナギ、グリンピース、海苔、青海苔(乾)、大豆(乾)など

 

【クエン酸】

疲労回復に優れた効果を発揮します。また若返りのビタミンと呼んでいる代謝を活発にするため、老化防止も期待できます。

 

多く含む食品: 梅干し、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、食酢、黒酢、

もろみ酢など

 

こういった食べ物をバランスよく摂る事が大切です。是非、皆さん心掛けていきましょう!!

ご予約はこちら