お知らせ

熱中症を予防する栄養成分と食べ物

皆様こんにちは☆

気温もぐんぐん上がり熱中症に気を付ける季節になってきましたね><;

そこで今回ブログでお伝えするのは熱中症予防になる食べ物についてです。

 

熱中症予防には、体の状態や高血圧、心疾患、糖尿病などの病気を予防することが大切です!クエン酸、カリウム、ビタミンBを摂るようにしましょう!!

 

それでは、それぞれの栄養成分の働きとその栄養を多く含む食べ物をご紹介します↓

【クエン酸】疲労の原因となる乳酸の発生を抑えてくれる効果があります。

 

また、摂取する事で体内から代謝を活発にしてくれる成分が分泌されるため

老化防止も期待できます!!

  • レモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干し、お酢…

 

【カリウム】汗をかくと塩分(ナトリウム)が排泄されると同時にカリウムも排泄されます。

また、筋肉の収縮を助ける働きもあり、日常的に摂ることで熱中症にかかった時の回復力を高めることが可能です!!

  • バナナ、ほうれん草、小豆、そら豆、海苔、さといも、じゃがいも…

 

【ビタミンB】不足すると当分を分解することが出来ず、疲労物質などが溜まり、疲れやすくなります。食欲不振、倦怠感、むくみなどの症状が発症します。

  • うなぎ、豚肉(ヒレ肉、もも肉、ひき肉)、海苔(乾燥)

 

コロナ予防ももちろんの事熱中症にも気をけて過ごしましょう!!

 

ご予約はこちら