お知らせ

トランス脂肪酸について。。。

皆さまこんにちは。

毎日暑いですね。熱中症にお気を付け下さい。

 

今日はトランス脂肪酸のお話をいたします。

海外では禁止になっている例もある人工的に作られた油脂が

悪玉コレステロールを増やします。

「トランス脂肪酸」は食物油に水素を添加してつくる油に多く含まれており、

そのまま水素を添加し続けていれば、プラスチックの一種になってしまうというまのです。

 

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングのほか、

精製時に石油系溶剤が使われている食物油(大豆油やコーン油など)にも多く含まれています。

 

もちろん、こうした油脂が使われているパンやケーキ、菓子類にも、トランス脂肪酸が含まれてます。トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中の悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減り、心臓病のリスクを高めるといわれています。

また、アレルギーやアトピーとの関連も指摘されています。

日本ではまだ規制がありません。マーガリン、ショートニング、加工油脂、食用精製加工油脂、加工油、加工脂、ファットスプレッドなどの表示があるものは避けましょう。

 

ご予約はこちら