お知らせ

(血糖値スパイク)という症状!!

皆様 こんにちは。

 

いよいよ夏!ダイエット計画は順調ですか?

 

糖質は体内でエネルギーとして使われますが、

余った分は脂肪細胞に蓄積されます。

糖質を食べると太るのではなく、摂りすぎて太るのです。

 

けれど今、それ以上に問題視されているのが(血糖値スパイク)という症状。

空腹時と食後の血糖値差が大きく、食後に急激に血糖値が上がって

血管にダメージを与えるそう。

 

しかも普段の血糖値はあまり高くないので健康診断では症状に気づきにくいという厄介もの。

さらに最近の研究では、夜に糖質を取るとことで睡眠が浅くなるという結果もでています。質の落ちる睡眠は美容の大敵、糖質を理解して、美しい体を目指しましょう!

ご予約はこちら