お知らせ

胃下垂に見られる特徴☆

みなさま、夏ももうすぐ( ´ ▽ ` )

いかがお過ごしでしょうか?

 

下腹がぽっこり出ていると、「胃下垂」ではないだろうかと疑うことがあるかもしれません。 痩せている人に多いと言われている胃下垂ですが、これは胃が下腹の方まで下

がっている状態を言うそうです。

 

食事の後に、下腹部がぽこっと出っ張るのです。
この「食後」というのがポイントですね。

私の場合は、食事の前だろうと、後だろうと、 常に下腹はぽっこりしていましたから、「胃下垂」ではありませんでした(^^)

 

<胃下垂にみられる特徴>
まずは筋力(腹筋)の低下により内臓を正常な位置で支えることができなくなり、下腹部に内臓が下がってくることにより 下腹がぽっこり出てくることがひとつ。

 

ほかには、生まれつきの体質や、痩せている人に多いと言われています。 ただし、これは胃が、正常な位置より下のほうにあることをいいますので、病気というわけではありません。胃下垂かどうかを知るためには、 病院でX線撮影で検査しなければ、正しいことはわかりません。

 

また、痩せている体質の方の胃下垂の原因も、やはり腹筋が発達していないことも理由のひとつであり、腹筋を鍛えることで 内臓の働きを助けることができますから、適度な運動により腹筋をつけることが必要といえます。
お腹の回りをさわってみてもらえば分かると思いますが、わたし達のお腹まわりには内臓を支える骨はありません。 胸には肋骨がありますが、内臓を支えるのは筋肉なのです。脂肪では支えることはできません。

内臓が下へさがり、 そこに内臓脂肪や皮下脂肪がついてしまうと、ますます下腹はぽっこりと出てきます。
健康のためにも、適度な運動と食事の管理は、生きていくうえでいつまでも大切なことだといえます。

 

ご予約はこちら